webサイト・webビジネスに伴う契約書・規約・著作権の落とし穴

委託する(外注する)業務の内容を明確にしていますか?

web制作委託契約書

 委託する(外注する)業務の内容を明確にしていますか?

その業務委託契約書の中で、委託する業務の内容(外注する作業の内容)を明記する条項があります。 簡単な条項例を挙げてみましょう。

(業務委託契約書の雛形の条項例)

甲は乙に、ホームページ作成業務を委託する。

この条項こそ、委託業務(外注業務)を定めた条項です。この条項が存在しないと、そもそもどのような業務を外注するのかわかりません。

上記の条項のままですと、乙は、ホームページ作成だけを行うのか、アクセス解析やSEO対策までやってくれるのか、さらにホームページの中身の文章も書いてくれるのか、委託業務の内容について当事者間で認識がずれる可能性があります。
委託業務の認識がずれることによって、


【委託する側】にとっては
高い代金を払ったにも関わらず、これだけしかやってくれないの?とトラブルになる可能性があります。


【受託する側】にとっては、
委託業務の内容があいまいだと、委託業務に関連する業務をお客様からすべて御願いされるという可能性がでてきます。そして、お客様のご要望のため断れないということで、過度に安い料金でサービス提供する羽目になってしまう恐れがあります。


従いまして、委託業務の内容は、明確に定めるべきといえるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional